かにの種類

かにの種類

ベニズワイガニは、その名前のとおり体の色が紅色をしているカニです。深海に棲んでおり非常にデリケートなカニです。

食べると味はみずみずしく、しかも、繊細な甘みが特徴ですが、そのカニみそも旨みがある上に、茹でても蒸しても良し、コウラ焼きも良しです。

さらに、カニ飯、てっぽう汁(カニの味噌汁)にしても美味しいなど、幅広くどんな料理にも使えます。しかし、同じベニズワイガニでも、漁場が違うと味が違うと言われます。

黄金ガニとは、日本海側では「松葉ガニ」、「越前ガニ」とも呼ばれるズワイガニの雄と、ベニズワイガニの雌の間にできたカニです。

このカニは、ベニズワイガニ1,000匹に1匹しか捕れないと言われる大変貴重なカニで、身入りは厚く、身も味噌も濃厚な旨みがあり、その味はカニの頂点に立つとも言われています。甲羅のトゲの具合と腹の色具合が、ベニズワイガニと見分けるポイントです。

イバラガニは、名前のとおりイバラのようにトゲトゲしています。見た目だけでなく、味もタラバガニと似ていますが、それよりも、もっと甘味や旨みがあり、食べごたえもあります。

このため、幻のイバラカニと言われるほど高級で、なかなか捕れないカニで、中には、身がミルクのような味がすると言う人もおります。


 

サイトマップ